絵を描く

以前描いた作品を見て、今反省すること。

2018/07/23(月)

 

こんにちは、人生の後半になり画家を目指しているwashioです。

数あるサイトの中からこのようなページにいらしていただき感謝いたします。

ご覧ください。

皆さんは過去に描いた作品を改めて見直す。また今の作品と見比べることはありますか。

過去の作品を見てこれからどこへ行けばよいのか気づかせてくれる時があります。

 

昔に描いた絵を見て考える

先日20年くらい前に描いたペン画がクローゼットの中から出てきました。

「あー懐かしいな。」とこの絵を描いた頃が思い出されます。

これは絵を描くことが好きで仕方がなかった頃の作品で、今では「高評価を受けるのにはどうすればよいか。」とか「人に求められる作品を描くには何をすればよいか。」などと他人に受けることばかり考えてしまいます。

もちろん金銭をいただいてご依頼をいただいているので、その作品の評価は自分にとって大切だし今まで購入していただいた方の対して、これからも素晴らしい、ぜひ欲しいというような作品を描かなくてはいけないと思っています。

しかしクローゼットから出てきたこの絵を久しぶりに目にしたときに思ったのは、最近描いている絵よりこの絵のほうが何やら魅力を感じる。

いや、魅力と言うよりも、もうちょっと見ていたいという感じ。

そんな風に感じて、この作品を描いていた時の記憶をたどってみると、

「この坂を下るとこんな景色が開ける」

「この路地を曲がるとこんなお店がある」

「もうすぐ日が暮れるからこの通りも帰宅の人でにぎわうかな」

「遠くの山はもうすぐ雪が降るのかな」

なんて自分の頭の中でいろいろな世界や出来事や、これから起きようとしていることなど楽しんで、想像して、その絵の中で暮らしていいる人のことまで思って描いていた。

すごく自由で夢があって・・・・

本当は絵を描くってことはこういうことなんじゃないのかな、なんて。

自分の表現したいことは他人の評価など関係なくて、自分自信の夢を広げること。

もちろん若かったからとか、自分の絵に価値を見出してくれる人がいなかったからということもありますが、本来表現するのは自分の内面で感じるもので、うまく表現できないけれど、作品を創る者の夢や思いがあふれるときに、人はその作品に恋をするのかなって思います。

 

画力とともに自分自身も成長して魅力ある人になること。

今は初心者プロになって、中途半端に対価をいただいてしまうけど。

あなたの絵が欲しいって思ってもらうのは、あなたが欲しいって思ってもらうのと同じくらい自分もそして作品も魅力的にならなくてはいけないと思っています。

そしてその絵は一枚の紙きれではなく、世界や時間やいろいろなものの営みまでが、そこからのぞけるものでなくてはいけないかと。

「その絵が欲しい」も嬉しいのですが、「あなたの描いた絵が欲しい」と思ってもらいえる作品ができるよう、自分自身とが画力とともに成長していきたいものです。

-絵を描く

Copyright© 軽井沢でアート生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.