casie 絵を描く

casieで絵のオーダーを頂いた話(体験記事)

2021/11/17(水)

こんにちはwashioです。

今日の記事はcasieで登録アーティストとして実績を積んでいたら絵のオーダーの依頼が来た。

というお話しです。

やり取りの詳細を記事にしました。

 

casieアーティストとして今年の実績

今年の実績

 

 

私がcasieにアーティスト登録してから2年が経ちます。

「絵を描いてい生きていきたい」

そう思ってもなかなか現実的ではありませんよね。

このcasieの登録アーティストとなり、レンタルされた報酬でだけで生活するとなると

かなりの作品をかなりの頻度でレンタルされていなければ難しいでしょう。

私の場合登録作品が13点

1年間のレンタル報酬は12.000円くらい。

販売した作品が1点で48.000円

オーダーを1件頂いて98.000円

まだ1カ月ありますが、今年の売上はおよそ158.000円でした。

casieアーティストの中にはこの何十倍も稼いでいるアーティストもいるようですが、

私もこれから少しずつ頑張っていきたいと思っています。

 

 

オーダーのご依頼から制作、報酬が振り込まれるまで。

 

それでは実際にオーダーアートの依頼メールから、作品制作、発送、報酬の支払いまでをご紹介します。

 

  • オーダーってどんな感じで来るのか。
  • その間のcasieとのやり取りを、これからcasieの登録アーティストになろかどうか悩んでいる方。
  • これからオーダーを取るぞって張り切っている方。

そんな方の参考になればと思い、記事にしました。

 

オーダーアート依頼の連絡

 

ある日casieからメールが届きました。

 

「重要:<casie>オーダーアートの相談」

 

表題はこんなふうに書かれたメール。

内容は、

私の作品をレンタルしていただいたお客様から、ご指名でオーダーアートの依頼があったという事。

そして大まかな依頼の内容としては

  • ご依頼の目的:贈答
  • サイズ:F10号くらい
  • 納期:メールが来てから約40日(casieまで必着)
  • 制作費:税込み10万円以内

の説明があり、

ご検討お願いします。

とのこと。

 

casieからオーダーの依頼を頂けるとは思っていなかったので、少し驚きましたがとてもヤル気が出てうれしく感じました。

 

オーダー作品の細かい内容と流れ

 

上記のような、依頼内容の細かいところをを確認してからの引き受けになるのですが、その流れをご紹介します。

 

作品の内容とサイズ納期はわかりやすかったのですが、オーダーしていただいたお客様が、私のどの作品をレンタルしていただき、私にご指名でオーダーするとに決めたのか知りたくて、その旨をcasie側に尋ねました。

するとその作品は、ほぼモノトーンで仕上げた「マリリンモンロー」のアクリル画をレンタルしていただいて決めたようです。

しかし送っていただいた写真を資料に、構成や色は写真通りを希望。

と言うことでしたので、レンタルしていただいた作品とかなり違うテイストなので、再度確認しました。

casieからの返事は

「忠実でなくても良いが、写実に近い画風でお願いします」

と言うことでした。

結局レンタルしていただいたものとは少し離れた感性になるようですが、それでも良いという事でしたのでお受けすることになりました。

※ここでちょっと難しく感じたのは、ご依頼主と、制作側の私と直接打ち合わせすることができないという事です。

casieが仲介役をしてくれているという事で、やむを得ないのでしょうけれど、少しストレスを感じました。

 

 

額装はどうしますかと尋ねると

 

額装に関して尋ねると、額装はぜひしてほしいが、予算はどのくらいかかるのか?と言うお問い合わせが来ました。

額装費用もあまりかかりすぎないように、と言うことでしたので、問屋から仕入れた額縁をそのままの金額で額装。

額縁に利益を乗せないという方法を取りました。

作品自体も額装をした方が断然見栄えがするので、こちらとしても是非額装してお渡ししたいと思いました。

 

ちょっと分かりにくい説明だと思いますが、最初に提示された製作費(報酬)からcasie側が手数料を何パーセントかを引いた金額が、アーティストへの報酬になると考えていたので、購入した額縁の価格にも手数料を計算されては困ると思い、casie側に「額縁代金はそのまま仕入れで出すのでその旨お願いします」と連絡したところ、作品報酬プラス額縁代金をcasie側画支払ってくれる。と言う話で成立しました。

 

そして額縁代金の領収書をcasie側に別送することを確認して進めました。

 

 

おおまかに完成した段階で

 

大まかに完成した段階で、一度作品の画像をcasie側に送ります。

ご依頼主様の確認、承諾を受けて、仕上げと額装作業に入りました。

この時、作家の私自身のことも、ご依頼主さんに知ってほしいと思い、手紙と名刺を同梱する許可をcasieに取りました。

 

作品発送

 

作品が完成すると次は納品です。

ヤマト運輸で発送しましたが、「絵画」と言う内容と品物の金額で、保険をかけてくださいという事。

送料保険料は、こちら作家側が負担しました。

 

制作料受け取り

 

作品がcasie側に到着するとメールが入り、制作料の振込銀行をお知らせください。

と言うむねの連絡でした。

尚、支払いは翌月末と言うことです。

振込明細書

上記が振込明細書です。

作品の締め切りが9月6日でしたので、納品してから約2ヶ月後の振込と言うことになります。

 

 

まとめ

 

私が描いた作品から生まれる報酬としては

  • ヘアサロンの店頭での作品販売画
  • インターネットショッピングサイトでの販
  • casieでのレンタル及び販売

と言う感じです。

現在オーナー技術者、として自分でヘアサロンを運営している関係で、自分の店で絵の販売が出来ます。その売り上げが一番多い。

店頭販売やインターネットのショッピングサイトで販売している作品は1万円から5万円くらいのものはほとんどなので今回のオーダーアートは私にしては稼げた作品です。

オーダーと言うことで、依頼者の希望や納期があり、それなりの苦労はありましたが、確実に自信と実力が付きました。

casieで稼ぎたいと思ったら、レンタル商品だけではなく、販売やオーダーにつながる作品づくりを心がけましょう。

今回もご覧いただきありがとうございました。

少しでも皆さんの有益になる記事が書けたら良いなと思っています。

これからもよろしくお願いします。

washio

casieの関しての記事がほかにもあります。

参考になると思いますので是非ご覧ください。

「画家の方へ。自分の実力を試すために「casie」に登録しよう」

「casie」にアーティスト登録してから1年が経つ。はたして作品がレンタルされたのか?」

 

-casie, 絵を描く

Copyright© 軽井沢でアート生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.