生き方

身近な人ほど邪魔をします。本人は応援してるつもりだから厄介。

 

妨害する

 

こんにちは、washioです。

美容師になったこと。美容室を独立して開業したこと。移転したこと。画家の仕事するぞと決めたこと。ほとんどのことを親や親せきの意見を無視して、と言いうか全く相談せずに行動しました。

 

身近な人ほど邪魔をします。本人は応援してるつもりだから厄介。

身近な人ほど邪魔をします。本人は応援してるつもりだから厄介です。

私が起業したときの経験や、店舗移転などのタイミングで、うれしくないアドバイスや応援の経験から自分なりに考えた解決策を記事にしました。

 

  1. 失敗を心配する人のアドバイスは100%スルーでOKです。
  2. 協力しているつもりで邪魔をする人を見分けます。

1.は始めるにあたって邪魔になる行動をする人

2.は始めてから邪魔をする人

 

失敗を心配する人のアドバイスは100%スルーでOKです。

 

100%無視

 

何か新たなことを始めるときに必ず失敗を心配して止めるか、延期させようとする人がいます。

そういった人は、新たに始めることが失敗をするという前提で物事を考えているのでしょう。

確かに物事には失敗がつきものですが、失敗を恐れていて何もしないでいることは、人生を失敗することに等しいと思っています。

失敗することで、反省や失敗要因の研究をしない人は、確かに何もしない方がよいかもしれませんが、起業しようと思ったり、挑戦する人は失敗により大きく成長することは間違いありません。

失敗を心配する人は、その失敗によってすべてが終わってしまうことを心配しているのでしょう。

失敗しても死んでしまわない限り、次に大きな成功がやってきます。

何かを始める前に心配する人のアドバイスは、失敗することが前提でアドバイスしているつもりになっているので、まったく聞き入れることはありません。

とはいえその方が同じようなことで失敗していて、今現在復活していなければ、その人と逆をやればよいということでアドバイスになるでしょう。

起業する前の邪魔を簡単になくすには、本当にその起業に必要な人以外には話さないことです

自分の夢や目標は話しやすい人。つまり邪魔をする可能性のある人に多くしゃべっているのは実は自分であることがほとんどです。

アドバイスが欲しければ身近な人ではなく、その道で成功した人の実績を見つけてそれを自分で分析することが一番のアドバイスになります。

面倒くさい言い回しをしましたが、その道の先輩はとかく自分のやってきた自慢話か、自分よりうまくいかないことを前提としてしか話しません。

それこそ身近な人ほど邪魔をする現象になります。

 

協力しているつもりで邪魔をする人を見分ける

 

見分ける

 

いざ起業すると、応援してくれる人が必ず出てきます。

本当の意味で応援する方は、大切にしなければいけませんが、応援しているつもりで邪魔をするひとは、うまく排除しなければ、せっかくの起業の足を引っ張ることになります。

 

起業した段階で、その企業を応援するつもりで、いろいろなお客様や取引業者を紹介してくれる人がしますが、まったくの見当違いなものがあります。

サービス業などを始めた場合、これは実際私がヘアサロンを開業したときに経験したことなのですが、お客様を増やしてあげようという親切心で沢山の人をつれてきてくれます。

しかし大きな力や立場のない人が新規客をつれてくるためのネタは。

正規の料金より安くやってもらえる。

特別なサービスをしてもらえる。

この二つをネタに連れてくることがほとんどです。

安くやってくれる。沢山サービスがある。と受け入れてしまうと、その人やその関係の人は今後もずっと特別価格でおこなわなければならなくなります。

正規の値段を払ってご来店するお客様に対して、こんな失礼なことはありません。

しかし協力している本人は、応援しているつもりだから厄介です。

とはいえ露骨に排除しようとすると敵になってしまうことになりかねないので、上手にかわしましょう。

 

対処方法は、お客様を紹介すると言われたら、料金で特別にはできないこと。

過剰なサービスはできないことなど最初からはっきり伝えましょう。

そしてあなたの紹介なら、特に誠心誠意心を込めて対応すると伝えましょう。

そう伝えて不満をいう人は、本当応援してくれる大切な人ではありません。

 

まとめ

結論は自分が決めたことを全力で行動する意外ないという事実。

結局は自分が決めたことを全力で行動するしかありません。

他人(親兄弟も含めて)の意見は本当に参考程度。

それでもその意見でぐらぐらするようなら最初からやめておいたほうが良いかもです。

 

方向を変えるはアリ

スタートするまではしっかり考えて研究しましょう。

一度スタートしたら簡単な事ではあきらめないこと。

どうしても難しいことが起きそうになったら方向を少し変えるのはアリです。

 

私事ですが、現在美容室を経営していますが、移転は3回しました。

美容室経営をやめる選択を迫られたこともありましたが、少し方向を変えて今は順調です。

これから絵を描く仕事をどんどん増やしていこうと考えています。

いつまでも挑戦することが人生楽しいですよね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

Washiio

 

 

-生き方

Copyright© 軽井沢でアート生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.