絵を描く

長めに削った鉛筆の芯。インスタグラムに投稿したら言われた話。

2019/09/09(月)

インスタグラムに投稿した写真

今日はwashioです。

以前インスタに投稿した写真です。

私は鉛筆画も楽しくて大好きです。

鉛筆の先を尖らせて、細かいところまでちまちま描いていくのが、とても楽しいです。

以前先を尖らせた鉛筆の写真を、インスタに投稿したところ、メッセージをいただきました。

 

長めに削った鉛筆の芯をインスタグラムに投稿したら言われた話。

こんな感じの画像を、以前インスタに投降したところ、「芯をこんなに長く削る必要があるのですか?」

というコメントでしたが、普通にデッサンをする場合こんなに芯を長く削る必要がいったいどこにあるのでしょうか?」

みたいな感じでした。

僕も以前デザイン学校に通っていたことがあります。

もちろんデッサンの授業もありました。

だけど確かにこんなに芯を長く削りだすことはありませんでした。

 

芯をこんなに長く削る理由

デッサンをするうえでこんなに長く削ることはあまりないです。

中には結構長めに芯を出してデッサンをする人もいます。

私がこんなに芯を長く削りだす理由は、私の鉛筆画の特徴の、細かくちまちましたところを描くためです。

もちろん先っちょが細く尖っていないと、細かいところが描けないのですが、このように長く芯を出さないと、描いているトコロが見えずらいというのが一番の理由です。

芯を長く削らなくてもシャープペンシルを使えばいいじゃん

 

もちろんシャープペンシルも使います。

細かいところはむしろシャープペンシルを使うことの方が多いかもしれません。

ただ重さが気になるときや、長さが気になるときなどは、鉛筆を使います。

鉛筆画を描いている人ならみんな経験していると思いますが、瞳やまつ毛など繊細な部分を描いている時など自分が持っている鉛筆自体が邪魔になります。

また鉛筆本体の長さが邪魔になるときは、新しい鉛筆を半分に切って使うことも良くあります。

またさらに細かい部分を描くときはシャープペンシルの芯をやすりで尖らせて描くときも。

絵を描く人たちもみんな各々に工夫して描いているんですね。

 

ついでにCM母子関節症の話し

MC母子関節症

 

 

ついでにと言っては何ですが、私の場合鉛筆画を描いていると、表現する部分によって、かなり指に力を入れて描く癖があります。

結果的に、CM母子関節症になりました。

このCM母子関節症とは使いすぎや加齢により、親指の付け根の関節を支えている靭帯がゆるくなったり、軟骨がすり減り関節のかみ合わせた悪くなり痛みや動きの制限が起こる病気です。

使わないのが一番良いのですが、絵を描くのが楽しくて仕方がないので、ついつい使いすぎてしまい、いつでも痛い状態になってしまいました。

これでは本業の美容師の仕事にも支障が起きてしまうので、しばらく鉛筆画をおやすみしています。

基本、鉛筆でもアクリル画でも透明水彩画でも、絵を描くことが楽しいので、大丈夫です。

アクリルや水彩の下絵を描くときには、鉛筆や木炭を使いますが、下絵は軽く持つだけなのでOKです。

皆さんも絵を描くことに、打ち込みすぎないよう楽しみましょうね。

美容師の方たちもよく腱鞘炎になるのですが、私が修行したサロンの先生がひどい腱鞘炎もちでした。

当時修行中の私たちに、「一生美容師をやっていきたいなら、腱鞘炎にならないカットの手の使いかたを考え出せ」

よくそうおっしゃっていました。

サロンでみんなで考えて、手の一部に使らが集中しすぎないカット。

そんな練習も良くしていたため、美容師としての腱鞘炎の経験はしたことがありませんでした。

絵を描くにあたって、いまさら負担のかからない描き方を考えだす。

なんてことは考えられないので、疲れたら休むを肝に銘じて楽しみましょう。

 

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

Washio

-絵を描く
-

Copyright© 軽井沢でアート生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.