絵を描く

casieアートコンテストに入選しました。3回出品して2回入選出来て変わったこと。

 

casieアートコンテストに入選しました。3回出品して2回入選出来て変わったこと。

第3回casieアートコンテス入選することが出来ました。

第1回に次いで2度入選することが出来ました。

2回入選して気が付いたことをまとめました。

 

casieコンテスト

casieコンテストは昨年の「冬を感じるアート」から今回の「夏を感じるアート」まで3回開催されました。

 

(casieから絵を借りてみたいとおいう方はコチラ)

 

(casieでアーテイストとして活躍してみたという方はコチラ)

casieのサイトはコチラ

casieのついては上記の記事を見ていただければわかると思います。

 

繰り返しになりますが、今回まで3回開催されたコンテストに、何とか2回入選することが出来ました。

このコンテストは芸術の専門家の方だけの審査ではなく、決勝の審査ではcasieレンタル会員の方の投票も大いにあるそうです。

ですので世の中の沢山の人々が「ステキ」「キレイ」「素晴らしい」「感動した」みたいな感じの作品が沢山評価されていると私は理解しています。(違っていたらゴメンナサイ)

 

3回のうち第2回の開催の時は見事2次予選で落選してしまいました。

自分では良い作品だと思いましたが、テーマとは少しずれていたと思っていたので「やっぱりな落ちたか」と言う気もしました。

 

コンテストに挑戦すると言事は、他の応募される方たちとの闘いと言うより自分自身との勝負と私は思っています。

 

 

コンテストに入選してわかったこと

 

結論から言うと、

絵が売れるようになった

と言うことです。

私は絵を描く仕事以前に、美容室を経営しています。

その美容室には、自分の描いた絵を沢山飾っています。

私が以前飼っていた犬の絵なんかも飾っていたので、お客様の飼っているペットの絵や、お孫さんの絵・ご両親の肖像画などをオーダーしていただくことはあります。

しかし私の作品としての絵をご覧になられたお客様からは「絵が上手ねー」と言う感じの反応がほとんどでした。

 

 

コンテスト入選作家と言う肩書のようなものが付いて

 

今回casieのコンテストに入選し、コンテスト入選作家と言う肩書のようなものが付きました。

するとちょくちょくにお店に飾ってある私の作品のことが話題になっています。

そして

「入選した作品はどんな感じの絵なの」

「何人の中から選ばれたの」

「今度はいつコンテストがあるの」

そんな感じの会話がいつもはずんで、お店の雰囲気もとても良い感じになっています。

 

以前NHKの「シブ5時」と言うニュース番組にcasieが取り上げらとことがありました。

その時casieの藤本 翔代表取締役CEOに私の作品を紹介していただいた件も美容室のお客様からの反応もすごくありました。

シブ5時の記事はコチラらをご覧ください

 

そして人のイメージとは、こうした出来事でも変わるんだなと知りました。

・お店に飾ってある私の作品が

・NHKで紹介された人の作品だ

・コンテストで何度も入選を果たしているアーテイストの作品だ

そんなふうに変わっていきました。

 

店内に飾ってある作品もすぐ売れてしまい、絵の仕事としても忙しくなりました。

そうなるとネットで販売している絵も、売れて行くようになり、良い循環と言うのはこうなんだなと感じました。

 

 

まとめ

 

以前は公募展出品なんて、全く考えていませんでした。

「自分の作品は公募展なんかとは違う表現なんだとか」

「コンテストに選ばれたって別に偉くないしー」

なんて言って、そういった活動から逃げていました。

 

それは、もし何も選ばれなかったらカッコウ悪いな。

その気持ちが一番だったかもしれません。

しかしコンテストに挑戦し、選ばれるのはあくまでも結果であって、大切なのは一つの作品を創るためには

・しっかりコンセプトから考える。

・何枚か習作はすること。

・出来上がったらアトリエ以外の部屋において、昼・夜眺めること(描いている時と印象が違うところが必ずある)

こんなことを学ぶことが出来ました。

そしてその結果沢山のギフトとして、

自分の作品のは販売に結び付くことが出来たという事です。

何事も行動してみないとわからないことが沢山ありますね。

 

 

 

現在casieにあずけてある作品は僅かですが、これからも少しづつでも良い作品を増やせればと思います。

 

Washioのcasie作品はコチラ

お時間のある方、是非ご覧ください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これからも楽しめる記事が書ければと思います。

よろしくお願いします。

Washio

-絵を描く
-,

Copyright© 軽井沢でアート生活 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。